Other

【レビュー】「ThinkPad Bluetoothキーボード」実際に使ってみた感想

僕は3年くらい前からThinkPadのBluetoothキーボードを使ってます。

これです。

これ、非常にオススメです。

なので、いますぐ買ってください。

 

って感じなんですけど、もっと詳しく知りたいって方向けに
このキーボードの良いところや悪いところをまとめていきたいと思います。

このキーボードを買おうかな。とか
どのキーボードを買えばいいかな。って思ってる人の参考になれば幸いです。

 

「ThinkPad Bluetoothキーボード」の良かったところ

マウスを使う必要がない

マウスを使わなくても良いんです。

この赤くて丸いやつがマウスの代わりになるんです。

いちいち右手をマウスに持っていく時間が省略されて、
ずーっとキーボードの上に両手を置けるので、効率的ですね。

ただ、マウスでいうところのスクロールホイール(真ん中のコロコロするやつ)がないので、スクロールホイールを頻繁に使って作業をする人(CADソフトとか)には向いてないです。

 

電池がほとんど切れない

充電式だからiPhoneみたいに1日に1回は充電しなきゃなんでしょ?

って思ってる人、残念でした。

こいつはホントに電池長持ちなんです。

僕は毎日5時間以上はこのキーボードを使いますが、

1ヶ月くらい充電しなくても、電池切れになりません。

それくらい長持ちです。

 

姿勢が良くなる

これは、Bluetoothキーボード単体の話ではないんですが、

無線のキーボードを使うと、パソコンスタンドを使うことが出来るんですよね。

パソコンスタンドってのはこういうもの。

これを使うと何が良いかっていうと、視線が上がるんですよ。

ノートパソコンを使ってると、どうしても視線が下がってきて、姿勢が悪くなります。

パソコンスタンドとBluetoothキーボードを使うことで、姿勢がよくなり、

目や腰が疲れにくくなります。

なので、セットでパソコンスタンドも買った方が良いです。

 

「ThinkPad Bluetoothキーボード」の悪かったところ

赤いポチが取れる

良かったところで説明した赤いやつ(トラックポイントというらしい)が取れることがあるんですよね。

これは物によるかもしれないんですが、僕の場合だと

昔2年くらい使ってたキーボードは取れたことがなかったのに、

壊れて新しい同じものを買ったら、時々ポロって取れるんですよ。

取れたらはめて、取れたらはめて、、、って作業が地味にストレス。

 

持ち運びはめんどい

うすうす気づいている方もいると思いますが、

ノートパソコンの他にキーボードを持ち歩かなければならないのが、面倒です。

自宅やカフェや職場など様々な場所で作業する方は、いちいち持ち運ぶのが若干だるいですね。

ただ、職場でしかパソコンを使わないよって人とか
カフェで作業するときはキーボードなしでもいいよって人には無関係ですね。

僕自身も、研究室と自宅でしか作業しないので、キーボードを2つ買っちゃって、1つずつ置くことで解決しています。

 

高い

単純に高い。14000円くらいするもんね。

ワイヤレスじゃない有線のキーボードだと5000円以下のもあるし、

なんならノートパソコンについてるキーボードで作業するのでも問題はないからね。

ただ、作業のはかどり具合や疲れなさを考えたら、14000円の価値はあると思います。本当に。

 

トラックパッドがない

これはMacを使っている人は結構マイナスポイントかもしれない。

ズームやミッションコントロールがすぐにできないのは、
Macユーザーには許せないと思う。

ただ、別でトラックパッドを買えば済む話ではある。高いけど。

 

 

まとめ

絶対買ったほうがいいと胸を張って言えるくらいおすすめです。

パソコンスタンド(Macならトラックパッド)とセットで買うとより良いと思います。