Other

【2020年7月最新レビュー】Kindle Paperwhiteを徹底的にレビューしました

Kindle Paperwhiteのレビューが知りたい
Kindle Paperwhiteって買う価値あるのかな?

こういった疑問を持つ人向けに、
Kindle Paperwhiteを1ヶ月使ってみたリアルな感想を語っていきます。

購入を検討している人の参考になればと思います。

 

ちなみにKindleに買おうと思ったのは、マコなり社長がYouTubeでオススメしていたからです。

 

先に結論を言ってしまうと、寝る前に読書する人にはオススメです。
読書機能しかなくて集中できるのと、スマホを見るよりも睡眠の質を下げないのが最高です。

 

実際に買ったKindleのモデル

Kindle Paperwhiteのリアルな感想にいく前に、
実際に買ったモデルとそれを選んだ理由をまとめていきます。

 

ボクが買ったのはKindle Paperwhite 8GB, 広告つき, Wifiモデルです。

2020年6月に13,980円で買いました。

 

なぜKindle Paperwhiteを買ったのか

Kindleには下の画像のように大きく分けて3種類のモデルがあります。
ボクが選んだのは真ん中のKindle Paperwhiteです。

Kindle Paperwhiteを選んだ理由は3つあります。

  • 解像度
  • 防水
  • 価格

この3つの点を比較して、Kindle Paperwhiteを買いました。

 

【理由1】Kindleは解像度が低い

3つのモデルの中で1番安いKindleは、他の2つに比べて解像度が低いです。

Kindleが167ppiなのに対して、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは300ppiです。

どれくらい見た目に違いが出るのかは、下の画像を見比べるとわかります。
Kindle(右)では文字が多少カクカクしていて、読みにくさを感じるかもしれないと思いました。

左:Kindle Paperwhite  右:Kindle

読書するにあたって文字の読みにくさは致命的なので、そこはKindleのマイナスポイントでした。

 

こちらの比較画像は、以下のサイトから引用させていただきました。わかりやすかったです。

https://www.sin-space.com/entry/amazon-kindle-recommended#%E7%94%BB%E9%9D%A2%E8%A7%A3%E5%83%8F%E5%BA%A6%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84

 

【理由2】Kindleは防水じゃない

Kindleだけ防水機能がついていません。

Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは防水機能がついているので、お風呂で使用しても安心です。

いまのところお風呂で読書したことはないのですが、
今後お風呂で読書するかもと考えると、防水機能がついていたほうがいいなと。

 

以上、解像度と防水の観点からKindleは買う選択肢から外れました

 

【理由3】Kindle Oasisは高い

では解像度が高くて防水機能もついているKindle PaperwhiteとKindle Oasisは何が違うのか。

簡単に説明すると、以下の点でOasisのほうが優れているようです。

  • 画面が少し大きい
  • ディスプレイを黄色っぽい色(温かみのある優しい色)に変更できる
  • 周囲の明るさに合わせて明るさを自動で調整できる

その分、Kindle PaperwhiteよりKinlde Oasisのほうが16,000円高いです。

ボク的にはこれらの機能にプラスで16,000円払う価値はないかなと思いました。

 

PaperwhiteとOasisの詳しい違いは、こちらのサイトを参考にしました。

https://photosku.com/archives/3982/

 

以上、解像度・防水・価格の3点を比べた結果、Kindle Paperwhiteを買うことにしました。

 

なぜ8GB, 広告つき, WIfiモデルを買ったのか

Kindle Paperwhiteの中でも、いくつかモデルがあって、

  • 容量サイズが8GB or 32GB
  • 広告つき or 広告無し
  • 接続方法が Wi-Fi のみ or Wi-Fiと4G

が選べます。

ボクは8GB, 広告つき, Wifiモデルを買いました。
その理由を1つずつ説明していきます。

 

【理由1】容量サイズは8Gで十分

容量サイズというのは、Kindle端末にどれだけ本をダウンロードしておけるかってことです。
iPhone に何枚の写真を保存しておけるかみたいなもんです。

 

容量サイズが8Gでも、普通の書籍なら100冊は余裕で入ります。
容量が大きいマンガでも、50冊は余裕です。

 

というか読み終わった本はKindle端末から削除すれば、容量が足りなくなることはありません。
1度買ったものはいつでも再ダウンロードできるので、
端末から削除しても、また読みたくなったらまたダウンロードすればいいだけです。

お金が有り余っていて、使いたくて仕方がない人以外は容量サイズは8Gで十分だと思います。

 

どれくらい本がダウンロードできるかを詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

https://yossy-blog.com/archives/6613

 

【理由2】広告つきでも全く気にならない

広告といっても、YouTubeみたいに読んでいる途中に画面が広告に切り替わることなんてありません。
電源を入れたときの画面ロック画面が広告になっているだけです。

 

広告なしモデルの場合、電源をいれるとすぐにホーム画面になります。

ホーム画面

 

広告つきモデルの場合は、電源いれるとまずロック画面が出てきます。
スワイプして解除するとホーム画面になります。

ロック画面

 

つまり、広告つきモデルの場合は電源を入れた後に
「画面をスライドしてロックを解除する」という1動作増えます

が、ボクはまったく気にならないので、広告つきでも問題ないと思いました。

 

【理由3】本のダウンロードは家でやればいい

接続方法がWi-FiのみかWi-Fi+4Gかですが、
要はWi-Fiがないところでも本のダウンロードが出来るか出来ないかということです。

Kindleを家でしか使わない人はWi-Fiのみで十分ですし、
家以外で使う人も、外で使う前に家で本をダウンロードしとけばいいだけです。

迷わず、Wi-Fiのみモデルを選びました。

 

実際に1ヶ月間Kindleを使ってますが、Wi-Fiのみで困ったことはありません。
心配なら3冊ほど読みたい本を事前にダウンロードしとけばいいと思います。

 

Kindle Paperwhiteの悪い点

ここからはKindle Paperwhiteの良いところ、悪いところをまとめていきます。
実際に1ヶ月使ってみて感じたものなので、参考になると思います。
ちなみに、基本は家で使うことが多いですが、たまに通勤時間に電車で使います。

まず先に、不満に思う点はこちらです。

  • 動作が遅い
  • カラーがない(白黒)
  • 戻ったり進んだりがしにくい

1つずつ解説していきます。

 

動作が遅い

スマホの操作の速さに慣れていると、Kindleの反応の悪さと動作の遅さは気になります。
ページをめくるのも反応が悪いし、電源を入れてから起動するのに1秒くらいかかります。

 

スマホと比べてはないですが、こちらの動画で反応の遅さがわかるかもしれません。

 

ただ、1週間も使えば慣れます。

 

カラーがない(白黒)

全て白黒なので、雑誌や色付きの写真・図入りの書籍は向いてません

それと、本の表紙も白黒なので、Kindle上で買う本を選ぶときに味気ない感じに見えます。

 

この味気ない感じで本を選ぶのがイヤだったので、
電子書籍を選ぶときはスマホかパソコンで選ぶようにしてます。

 

戻ったり進んだりがしにくい

これが紙の本と比べたときの最大のデメリットかなとボクは思ってます。

本を読んでると、
「少しさかのぼって読み直したい」「前の章ってどんなことが書いてあったっけ」
ってなることあるじゃないですか。

紙の本だと、ペラペラ〜ってページをめくって目的の場所を探せばいいんですが、
Kindleではそれがしにくいです。

 

ページを一気にさかのぼりたいときは

  • 調整アイコン(下の画像1枚目の赤矢印)でだいたいのところを探すか
  • ページ数を入力するか(下の画像2枚目)
  • 章のはじめに移動するか(下の画像3枚目)

これらの方法しかありません。
ってかページ数とか覚えてるわけねえだろとか思っちゃいます。笑

 

この点は紙の本を比べると、ショージキ不便だなと感じてしまいます。
何度も繰り返し読むような勉強系の本とかはKindeには向いてないかもしれません。

 

Kindle Paperwhiteの良い点

ここからはKindle Paperwhiteの良かった点を語っていきます。

  • 軽くて小さいので、持ち運びが便利
  • 本を整理整頓しなくて済む
  • 1ヶ月くらい充電しなくても良いくらい電池もちが良い
  • 防水なので、お風呂でも読める
  • 読書に集中できる
  • 睡眠の質を下げない

1つずつ解説していきます。

持ち運びが便利

Kindle Paperwhiteは軽くて小さいので、持ち運びが便利です。

 

大きさはよくあるビジネス本より1周り小さいです。

 

厚みはよくあるビジネス本の半分くらいです。

これだけ小さくて薄いと、持ち運びが非常に楽です。

小さいのでバッグにいれてもかさばらないし、
軽いので片手で持っても疲れにくいです。

 

本を整理整頓しなくて済む

読み終わった本とか片付けるの面倒ですよね。

ボクの家は本棚に入らなかったり、片付けるの面倒でこんなんになってます。。。。

 

Kindleで読んでいればこんなことにはなりません。
部屋が狭い1人暮らしの人や整理整頓が苦手な人はオススメです。

 

電池もちが良い

1日1時間読んでも、3週間くらいバッテリーが持ちます。
スマホみたいに毎日充電しなくていいので、ノンストレスです。

詳しいバッテリー持ち時間はこちらの記事で。

https://kin.gadgetfun.xyz/entry4.html

 

お風呂でも読める

Kindle Paperwhiteは防水なので、お風呂でも使えます。
アマゾンの公式サイトにもこんなに堂々と書いてあるので、安心して使えます。

 

読書に集中できる

Kindle Paperwhiteは読書機能しかないです。
これは一見デメリットのように見えますが、読書に集中することができるというメリットにもなります。

スマホでもKindleアプリから本を読むことは可能ですが、気づいたらSNS見ちゃうんですよね。笑
Kindle Paperwhiteでは他のアプリに浮気することはありません。

ボクみたいに意思が弱くて、読書するつもりだったのに気づいたらSNSを見てしまう人には
Kindleはとってもオススメです。

 

睡眠の質を下げない

Kindleは目に入ってくる光の量が少ないので、睡眠の質を下げることを防ぎます

寝る前にスマホを触るのは良くないって聞いたことありますよね。
あれはスマホから出るブルーライトが睡眠を促す物質「メラトニン」の分泌を抑制するからだそうです。
要は、スマホは睡眠の質を下げるということです。

しかし、Kindleはスマホのようにブルーライトが目に飛び込んでこないようになってます。
これは発行方式がスマホのバックライト方式ではなく、フロントライト方式だからです。

まぁ、仕組みなんて正直どうでもいいです。
とにかくスマホと違って、Kindleなら睡眠の質を下げないので、寝る前に使ってもOKということです。

 

Kindle Paperwhiteと一緒に買うべきものは?

最後にKindle Paperwhiteを購入する前の注意点として、
一緒に買うべきアクセサリはあるのかという話をします。

結論、「カバーはあり。他はいらん」です。

 

カバーはあり

Kindleを外に持ち運ぶ人ならカバー(ケース)はあっても良いと思います。

外で使おうとすると、バッグに入れることになりますが、
バッグの中に生身でいれとくと、画面が割れる恐れがあったので、買いました。

ちなみにボクが買ったものはこれのスペースグレイ色です。

純正のものでなくて大丈夫です。

 

保護フィルムはいらない

カバーをつけていれば画面が割れる心配はないので、必要ないです。

パソコンやスマホのように指紋が気になることもないので、いりません。

 

充電器はいらない

付属品で充電コードが入っています。
iPhoneの充電器の先っぽ(下画像)を持ってる人はいりません。

これを持ってない人は買っていいですが、
純正じゃないのだともっと安く買えるので、Amazon等で調べるのをオススメします。

 

【まとめ】Kindle Paperwhiteはどんな人にオススメか?

購入を迷ってる方の参考になったでしょうか。
結論、Kindleはこういう人たちにオススメです。

・寝る前に読書する人
・お風呂で読書する人
・重い本を持ち運びたくない人
・紙の本が邪魔というミニマリスト

 

逆にこういった方にはオススメできません。

・雑誌を中心に読書する人
・モッサリした動作が気になっちゃう人

 

そして、もし買うならKindle Paperwhite 8G, 広告つき, Wi-Fiモデルがオススメです。

 

ボクは「寝る前の読書に最高!買ってよかった!」と思ってるので、
そう思ってくれる方が増えるといいなと思います。