Other

【生産性UP】ビジネスパーソンが今すぐやるべきiPhoneオススメ設定5選

本記事は生産性がUPするiPhoneの設定を5つ紹介します。

 

iPhoneって毎日1時間以上は使いますよね。
毎日1時間以上使うiPhoneの設定をより生産的なものにすれば結構な時間の節約になります。

 

5つ全て設定しても10分もかかりません
ぜひこの記事を読みながら設定をすることで、仕事や趣味に使う時間を増やしましょう。

 

iPhoneのオススメ設定5選

より生産性がUPしやすいもの
より自分の時間を増やしてくれるものから順番に紹介していきます。

結論、この5つです。

  • ユーザー辞書登録
  • 通知OFF
  • スクリーンタイムのアプリ使用時間制限
  • ナイトシフトON
  • リマインダー

1つずつ解説していきます。

 

ちなみにボクはこちらの動画に多分に影響を受けてますのでご了承ください。
マコなり社長の動画はいつも参考にさせていただいてます。

 

ユーザー辞書登録

ユーザー辞書登録とは文字を打つのを省略できる超便利ショートカット機能です。
設定するだけで、文字を打つのがだいぶ早くなります。

 

具体的にどんな機能かというと
「よろ」で「よろしくお願いいたします」
「いつ」で「いつもお世話になっております」

のように簡単に定型文を呼び出すことが出来ます。

 

設定の仕方は簡単で、
まずiPhoneの設定から「一般」をクリック
続いて「キーボード」をクリック

 

続いて、「ユーザー辞書」をクリック
右上の「+」ボタンから登録します。 

 

「単語」に呼び出したい言葉・文
「よみ」に打つ単語
を打って保存するだけです。

 

よく使う

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 会社名

は必ず登録しておきましょう。

 

  • お世話になっております。◯◯と申します。
  • 当日は何卒よろしくお願いいたします。
  • 下記日程で貴社に伺わせていただきます。

などのメールでよく使う文を登録しておくと、より便利です。

 

 

通知OFF

スマホの通知は作業の集中力を削ぎ、生産性をグッと下げます。
なので通知は基本すべてOFFにしましょう。

 

でも、すべての通知を完全にOFFにしてしまうと、重要な連絡を見逃してしまわないか心配ですよね。
なのでボクは必要そうなアプリだけ「バナー」通知のみONにしてます。

 

具体的には

  • Gmail
  • LINE
  • Messenger
  • Slack
  • Facebook
  • リマインダー
  • 電話

これらは「バナー」通知だけONです。

  

これだと通知が来ても音やバイブは鳴らず、集中力が削がれることはないし、
スマホを見るタイミングで重要な連絡を見逃すことはありません。

 

通知OFFの方法は、
まず、iPhoneの設定から「通知」をクリック
次に、通知方法を変えたいアプリをクリック(例として「Gmail」)

 

通知を完全にOFFにしたいアプリは①をオフにします。

「バナー通知」のみにしたい場合は
①はオンにして、②を下の画像のように設定します。

 

これを各アプリでやっていきましょう。
設定に多少時間かかりますが、集中力は一度途切れるとすぐに復活するものではありません。

集中力を途切れさせる通知はできるだけ全てOFFにしましょう。

 

 

スクリーンタイムのアプリ使用時間制限

YouTubeとかTikTokって面白すぎて、気づいたら1,2時間経ってることありますよね。
アプリ使用時間制限を使うと、それを防ぐことが出来ます。

具体的にどんな機能かというと、
例えば、TikTokの使用時間制限を30分に設定します。
するとTikTokを1日30分使うと画面がロックされます。

簡単に解除できてはしまうんですけど、
「やべ。30分もTikTok見ちゃった」って気づくことが出来ます。

これで無意識のうちに1時間も2時間も見続けてしまうのを防げます。

 

設定の仕方は
iPhoneの設定から「スクリーンタイム」をクリック
続いて、「App使用時間の制限」をクリック

 

「制限を追加」からアプリと制限時間を決めるだけ

 

ちなみにボクは上の画像のように、TwitterとTikTokに時間制限をつけています。
つい長時間やってしまうSNSやゲームには制限時間をつけましょう。

 

ナイトシフトON

ナイトシフトをONにすると、ブルーライトがカットされます。
結果、大きく睡眠の質を下げるのを防げます。

 

寝る前にスマホを見ると睡眠の質が下がってしまうのは分かってると思いますが、
どうしても見てしまうことありますよね。

どうしても寝る前にスマホを見たい。けど睡眠の質も下げたくない。
ならばナイトシフトをONにしましょう。

 

設定の仕方は、
iPhoneの設定から「画面表示と明るさ」をクリック
続いて、「Night Shift」をクリック

 

「時間指定」をクリックして、時間を決めるだけ。

 

寝る2時間くらい前からはブルーライトを浴びないほうが良いので、
24時に寝る人は22時より前に設定したほうが良いです。

ボクは夜にブルーライトをなるべく浴びないように19時からにしてます。

 

 

リマインダー

リマインダーとは、通知ありのToDoリストのようなものです。

設定ではなくアプリなんですが、
すごく便利なのに使ってる人が少ないので紹介します。

 

使い方は簡単で、
iPhoneにもともと入ってる「リマインダー」というアプリを開きます。
「リストを追加」をクリックして、リマインダー名を打って「完了」を押します。

 

「マイリスト」に新しいリマインダーが追加されたのでクリックすると、右画像のようになります。
新しいタスクを追加するときは「新規リマインダー」をクリックします。

 

タスク名を打ちます。
期限があるものは「i」マークを押せば、日時を指定できます。

「指定時刻に通知」を押せば、指定時刻に通知が来ます。
「繰り返し」を使えば、「毎週月曜8時」のように設定することが出来ます。

 

これを使えば、タスクを忘れることもありません。
また、タスクを整理できるので、頭がスッキリして集中力が高まります

使ってない人はぜひ使ってみてください。

 

 

【まとめ】iPhoneのオススメ設定5選

いかがだったでしょうか。

これらを設定するだけで1日30分以上も節約できる人もいると思います。
設定には10分もかからないので、いますぐやってみましょう。

 

また、今回は生産性の上がるiPhoneのオススメ設定を紹介しましたが、
パソコンでも生産性の上がる設定はあります。

 

より生産的に過ごしたいという方には
こちらの動画がオススメですので、ぜひ御覧ください。