Book

【就活本】企業選びの軸が分からない就活迷子の22卒の就活生にオススメの本3選

どこの会社に行けばいいか分からない
どうやって企業選びの軸を見つければいいの?

この記事は、これらに悩む22卒就活生に

企業選びの軸を見つけるキッカケになる

オススメの本を紹介します。

 

この記事は、すでに就活を始めている人向けの記事です。

これから就活を始めようという人向けにオススメの本でよくある

  • 業界地図
  • 就職四季報
  • ES対策本
  • WEBテスト対策本
  • GD対策本
  • 面接対策本
  • 絶対内定

は紹介しません。

21卒のボクの簡単な自己紹介

ボクは21卒の就活生で、
2019年4月から就活を始めて、2020年4月までの約1年間バリバリ就活してました。

 

就活中に特に悩んだのは、企業選びです。

コンサル、商社、メーカー、不動産、人材、広告、金融、、、、、、
いろんな企業の説明会やインターンに行きましたが、

どの業界を選べばいいのか。

どんな会社に行きたいのか。

分からなかったんです。

 

就活なんてやってことないので何をすればいいか分からず、
とりあえず就活に関する本を大量に読み漁りました。

結局、第1志望の会社の内定をもらうまでに、なんと15冊以上も就活に関する本を読みました。

 

その大量に読み漁った本の中から、実際に

企業選びの軸を見つけるキッカケになった

3冊を紹介します。 

 

企業選びのキッカケになるオススメの本3選

結論、この3冊です。

  • 嫌われる勇気
  • 苦しかったときの話をしようか
  • さあ、才能に目覚めよう

順番にどんな本か解説していきます。

 

嫌われる勇気

名前は聞いたことあるって人多いんじゃないでしょうか。

この本は、アルフレッド・アドラーが唱える心理学と哲学を解説したものです。

一見難しそうですが、青年と哲人が会話する形式で話が進むので、とっても読みやすいです。

 

ってか就活と関係なくない?

って思いましたよね。そんなことないんです。

 

アドラー心理学というのは

どうすれば人は幸せに生きることができるか

を考えたものなんです。

 

就活って、幸せに生きるための手段の1つですよね。

この「幸せ」とは何かを理解すれば、企業選びの軸も決まりやすいです。

 

結論をお伝えしてしまうと、この本では幸せはこう定義されます。

幸せとは、貢献感である。

つまり、「誰かの役に立っている」と思えれば、それは幸せである。ということです。

 

この結論に至るまでに

  • すべての悩みは対人関係の悩みである
  • トラウマは存在しない
  • 承認欲求を否定する

といった様々な思想があります。

これらを知ると、より「幸せとはなにか」を鮮明に理解できるようになるので、
企業選びの軸を見つけるキッカケになります。

ぜひ読んでみてください。

 

苦しかったときの話をしようか

こちらはキャリアに悩んだときに役に立つ考え方をまとめた本です。

 

この本の著者の森岡さんは
P&Gではブランドマネージャー、USJではCMO・執行役員・マーケティング本部長
ビジネスの最前線で生きてきた超すごい人です。

 

就活に悩む人の中には

やりたいことが分からないから、企業説明会にたくさん行っていろんな企業を知ろう

こう考える人もいるのではないでしょうか。

森岡さんは、その考え方は辞めたほうがいいと言います。

仮に世界中に存在するすべての職業オプションを頭に入れて、興味をもった順番に何百種類かをプックアップし、
理解するためのオリエンテーションを得る時間が許されたならば、君のやりたいことは見つかるだろうか?
私はそうは思わないのだ。

 君の悩みの本質はオプションがわからないことではない。問題の本質は、君が世界のことをまだよく知らないことではなく、君が自分自身のことをよく知らないことだと気づけば、解決への扉が開くだろう。

たしかにそうだな。と思いました。

実際ボクもいろんな企業説明会に行きましたが、
ここもいいな、あそこもいいなって選択肢が増えるだけで、
企業選びに貢献することはなにもありませんでした。

 

この本は

  • やりたいことの見つけ方
  • 自分の強みの知り方
  • キャリア戦略

などもっと明確に企業選びの軸の見つけ方についても書かれていています。

ぜひ読んでみてください。

 

さあ、才能に目覚めよう

3冊目は、「さあ、才能に目覚めよう」です。

こちらは、早く・正確に、自分の強みを知ることができる本です。

 

やり方は簡単で、本の後ろのほうに載っているQRコードを読み取り、
177個の質問に答えるだけです。

自分の強み5つとその特徴、どういう職業が合っているかを教えてくれます。

 

自分の強みを知ることは、

面接のときだけ役に立つと思っていませんか?

そんなことはありません。企業選びのときにも役に立つんです。

 

先程の「苦しかったときの話をしようか」で森岡さんは

キャリア戦略とは、人生の目的のために強みを活かす場所を考えること

と述べています。

 

そして、多くの人が自分の強みが生かされる会社を選びます。

なので、自分の強みを知らずして、企業選びをするのは不可能なのです。

 

もちろん自分の強みを知ることは
企業選びだけでなく、面接のときにも役に立ちます。

必ずと言っていいほど、面接では

自分の長所はどこですか?

と聞かれます。

 

自分の強みをしっかり理解することで、
企業選びの軸を見つけ、さらに面接対策までできちゃうこの本。

絶対読んだほうが良いですよ。

【まとめ】就活迷子の22卒にオススメの本

いかがだったでしょうか。

もう一度まとめますと、企業選びのキッカケになるオススメの本3選はこちらです。

  • 嫌われる勇気
  • 苦しかったときの話をしようか
  • さあ、才能に目覚めよう

他の就活サイトではあまり紹介されていない本もあるかと思いますが、
ボクが就活をしていて実際に役に立った本です。

22卒で企業選びの軸がわからなくなってしまった方はぜひ読んでみてください。