Book

【書評・要約】5Gビジネス(著:亀井卓也)

5Gってどういう仕組みなの?

5Gでわたしたちの生活って何が変わるの?

こんな疑問を持つ人のために
亀井卓也さんが書いた『5Gビジネス』を要約していきます。

 

この本を読めば、5Gがどういうものかだけでなく
5Gがわたしたちの生活やビジネスにどう活用されるのかが分かります。

 

 

『5Gビジネス』の基本情報

【書籍名】5Gビジネス
【著者名】亀井卓也

【こんな人に】
5Gの仕組みを知りたい人
5Gが生活やビジネスにどう活用されるのか知りたい人

 

【著者プロフィール】
野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 テレコム・メディアグループマネージャー
2005年野村総合研究所入社。
現在は情報通信業界における経営管理、事業戦略・技術戦略の立案、および中央官庁の制度設計支援に従事。

 

【目次】
プロローグ 202X年、ある日の風景
第1章 5Gが話題になる理由
      移動通信システムは、こう変わった
      5Gを支える技術革新
      5Gをめぐる国際競争
      「使い方の開発」で先行する日本
第2章 5Gが変える生活
      スマートフォンの革新
      エンターテインメントに当たらな体験をもたらす
      「コネクテッドカー」への革新
      医療・介護現場での変化
      認証とパーソナライズの革新
      スマートシティからソサエティ5.0へ
      スマートフォンの次に来るもの
第3章 ビジネスをどう変えるのか
      5Gが業界・産業に与えるインパクト
      エネルギー・ユーティリティ産業の革新
      工場が変わる、活用現場も変わる―――製造業の革新
      空から、陸から監視。AIも導入ーーー進化する公衆安全
      乗り物から「モビリティサービス」ーーー公共交通産業の革新
      キーワードはB2B2Xーーー通信業界自体も変わる      
第4章 5Gがもたらすリスク
      「高すぎる期待」が失望に変わる危険性
      プライバシー情報を抱えるリスク
      広がるスコアリング
      都市と地方、地域間での「デジタル格差」が拡大
      5Gへの移行が進まないリスクも
第5章 5G時代にわれわれは何をすべきか
      主役の交代
      基本となるアーキテクチャ
      センターB事業者のとるべきアクション
      XaaS型のサブスクリプションサービスへ
      ビヨンド5G、そして6G

 

  

『5Gビジネス』ってどんな内容?

この本は

  • 5Gの仕組み
  • 5Gが生活をどう変えるか
  • 5Gがビジネスをどう変えるか
  • 5Gのもたらすリスク
  • 5G時代に何をすべきか

について書かれています。

 

その中でも特に多くのページを割かれている
5Gの仕組み生活・ビジネスにどう活用されるかについて解説します。

 

5Gの仕組み

「5G」とは「5th Generation」つまり「第5世代移動通信システム」のことで、

「1G」は音声通話
「2G」はメールやウェブ
「3G」はプラットフォームとサービス
「4G」は大容量コンテンツ
といったように進化してきました。

 

5Gには3つの利用シナリオが示されています。

  • 高速大容量通信(通信が早くなる)
  • 超信頼・低遅延通信(信頼性が高く遅延の少ない通信)
  • 多数同時接続(大規模に存在する端末が同時に接続できる通信)

これが4Gとの違いであり技術的進化です。
具体的にどれくらい4Gと変わるかというと、

  • 通信速度は10倍以上
  • 遅延は10分の1
  • 同時接続数は100倍

と言われています。

 

これらは

  • エッジコンピューティング
  • ネットワークスライシング
  • グラント・フリー

などの技術によって可能になっています。
が、技術の説明が難しかったのでここでは解説はしません。

技術的進化について詳しく知りたい方はぜひ本書を読んでみてください。

 

5Gが変える生活

5Gがわれわれ消費者のライフスタイルをどう変えるかについて、
本書で言及していることをざっとまとめました。

  • 折りたたみ型スマートフォン
  • 動画配信サービス
    • マルチアングル
    • AR・VR(仮想現実・拡張現実)
  • 自動運転
  • 遠隔診察・遠隔手術支援
  • 介護ロボット
  • キャッシュレス決済
  • レジなし店舗
  • デジタル屋外広告
  • ウェアラブル端末

ここで全て解説することはできないので、
特に5Gの活用用途として本命の「自動運転」について少し解説します。

 

自動運転

完全自動運転はまだ時間がかかり、2030年代に普及が始まると言われています。
しかし、インターネットに常時接続されている「コネクテッドカー」は5Gによって普及するでしょう。

まず変わるのは自動車保険の分野です。
5Gによって走行距離だけでなく、アクセルやブレーキの使い方や車内の会話、
ドライブレコーダーの映像などの多数のデータから運転者を評価できるようになります。

それにより、自動車保険の価格を変動させることもできます。
また分析結果をアラーム等で即座に運転手にフィードバックすることで
事故の予防につなげるといった進化をしていくでしょう。

 

クルマ自体も変わっていきます。

  • カメラによって見えにくい後方をディスプレイに表示する
  • 先行するクルマが透けてさらに前方を見えるようにする
  • 音声入力やスマホとの連携

といった運転支援システムが開発されていくでしょう。

 

ビジネスをどう変えるのか

5Gがもたらすデジタルトランスフォーメーションがどんな業界・産業を
どのように変えるのかについて本書で言及していることを簡単にまとめました。

  • エネルギー業界
    • スマートメーター
    • 発電施設の管理
  • 製造業界
    • 機械の故障の予測や検知
    • 製造・配送工程における追跡
  • セキュリティ
    • カメラやドローンによる警備システム
  • モビリティ(Maas )
    • 多様な移動手段の最適化
    • レンタル・シェアリング
  • 通信業界
    • ビジネスモデルが「B2B2X」に

著者いわく、4Gから5Gへの革新において最も重要な変化は
技術よりもビジネスモデルの変化であるといいます。

なので、通信業界の革新について簡単に解説します。

 

ビジネスモデルが「B2B2X」に

通信事業者のいままでのビジネスモデルは、
消費者や事業者に通信サービスを提供し、対価として通信料金を得る「B2X」と呼ばれるモデルでした。

これが5Gによって変化します。

通信事業者が5Gに付加価値をつけて、他産業の「センターB事業者」に提供します。
センターB事業者はエンドユーザーに自社だけでは出来なかった新たなサービスを提供します。

これが「B2B2X」というビジネスモデルです。

 

エンドユーザーに価値を提供する主体はセンターB事業者になるため、
通信事業者はセンターB事業者とのパートナーシップを強化する必要が出てきます。

また、センターB事業者は通信事業者と協力し、能動的に5Gを活用しようとしないと、
企業間競争に勝ち残っていけなくなるでしょう。

 

 

『5Gビジネス』の感想・まとめ

5Gとはどういったもので、4Gと何が違うのか。
そして、生活やビジネスにどう活用されるのかについて知見が得られる良書でした。

 

こちらの本は中田敦彦さんが内容をわかりやすく解説しています。
本よりも動画で理解したいという方はぜひ見てみてください。